専属ドクターが出した驚異のデータ

小さな炭の可能性を見出し、確信に変えたのは

先生が出してくださった入院患者様からのデータでした。

術後低体温で代謝も免疫力も低くなっている方々をモニターとして

いやしだまの情報は集まっていきました。

首・腰・膝の関節など、サーモグラフィの温度変化を示す信憑性に

厳しいNHKのディレクターも取材を決め

使用1時間で体温上昇が1上がったのが放映され

視聴者からの問い合わせの電話が殺到しました。

「体温が低すぎて手術ができない人もいる。まずは体温を上げることが先決」

「この炭は人の元気を作るのに役に立つ、世の中の人たちに必要だからこれが広まるまで応援するから」

そう言っていただいてはや20年、内村屋を支えてくださっています。

PAGE TOP