体温上がると 身体強くなる!

https://uchimuraya.com/wp-admin/media-upload.php?post_id=1788&type=image&TB_iframe=1

体温を1℃上げる これはなかなか難解な話です 現代の西洋医学を駆使しても その薬は無いのです

ある時 看護学校の ういういしい学生さんと 知り合い 何気なく 聞いてみたんです

実習現場で 患者さんの容体が 変化して 体温がどんどん 下がりだしたときは どんな風に 対処するという

マニュアルありますか?・・・ 即答で 特にはありません  湯たんぽや 毛布を使い 寒くないような処置をします!

それは そうなんですが 体温が下がり続けると 衰弱して 血の気が引いて 弱ってくるのですが

この進化した 現代医学でも 体温上げて 人を再生する 道具や薬は ないんですね

けど 逆に体温を下げる 解熱剤は 存在します 風邪引いたときなんかに 使います

ちょとだけ 自慢話 製品の話ですが 内村屋が展開する 薬草炭の 癒球(いやしだま)は そのことができたりするのです

使う人の体温を 使う新しい 発想です 身体に接触したところから その人の体温を そのまま 移動させて

体温を作っていくということを 簡単にやってのけます  それも 平熱に併せて 体温を少しずつ 上げていきます

体温が低い人には ゆっくり集めた 熱で ゆっくり  高い目の平熱の方には 早く 速攻で 熱を伝達していきます

電気を使う訳でもなく 磁石でも鉱物でもない 見た目では わからない その不思議な感覚を ぜひ多くの方にと 日々奮闘です!

 

では話を 戻して 体温が上がると 人はどうなるのか?   ひと言でいうと 元気になります その理由は 血液循環が向上します

血の巡りが 断然良くなると 身体の隅々まで 血行が良くなる グルグル 全身に 血液を運ぶ 道路が全開 開通したような状況になるからです

人の身体は 外的に 侵入してくる ウイルスやばい菌などと 戦う 守るということを しています

その防御するための 例えば道具 燃料は なんなんでしょうか!  それは 人を守る 貴重な免疫力とよばれるもの

体温が1℃上がると その免疫力は50%から 上手くいくと60%は上昇すると するデーターがあります 半分以上強化されるということですね

身体が 異常に丈夫 健康の見本 肌はウルウル 活気もりもり そんな人 あなたの周りにも 居るじゃないですか

そんな人が そうなんですよね 病気なんかしたことない  風邪なんか 忘れるほど 引いたことなんかない!

その反面 ずっと ぐずぐず いつも病弱で 調子悪く 持病が いっぱいあってと 話しの中は そんな品評会のように 自分の病気の説明に終始する人です

困りますよね そうなることは できれば先に書いたような 元気もりもりの 方になってもらわないと 人生を楽しめないし 自分らしく暮らせないです

その状態 体温が1℃ 今より下がると 身体を守る 免疫力は 30%低下するのですね・・・ どんなですか 免疫力のお話

生きていく中で 元気 健康の見本のように なる方が 良いではないですか  そのためには 先ず 体温に興味をもってもらい

気づいてもらって 体温を上げることの 実践に入っていってもらうことです  そのなかで 体温が上がり始めることで 少しずつ 少しづつ

元気健康に 自信ができることです それは 人生を左右する 岐路です するかしないかで その後の人生の質が変わります

体温 されど体温 上げること 下がることでは  大きな違いが あることを 知ってもらえること 人生のお得を 手に入れられますから

あなたの体温が 36℃以下なら ぜひ 今日から挑戦することにしてみてくださいね あなた自身のため 周りのすべての人のために