「愛されている」と感じていることが体温を上げるポイント

「愛されている」と感じていますか。
この世に愛されていない人などは一人もいない…と私は考えます。愛されていなければ死んじゃいます。
「愛されている」の逆は「無視されている」です。
相手にされて嬉しいことは愛してもらっていること。
相手にされたくないことは、無視されることです。無関心からくる無視。
子どもの成長にも関係してくるんですよね。
だから、親や子供に愛情を注ぐ、これは短い期間です。たっぷりと注いでもらえるとすくすく自分を信じる強い心を持った子に育ちますよね。
子どもが「愛されている」と感じる子育て論。
大人だってそうです。愛されていると感じるだけです。それで、心は温まります。
どんないかついお兄さんだって、普段はお偉い社長さんだってみんな愛されています。
内心はどうでしょう。みんな「愛されたい」と思っているのです。
でも、そんな時こそ「愛されている」と感じてみてください。心から温かくなってはきませんか。
「愛されている」と感じていることが体温を上げるポイントだと思いませんか。
もちろん、癒球も同時に活用しましょう。