西洋医学ではないこと 

https://uchimuraya.com/wp-admin/media-upload.php?post_id=1678&type=image&TB_iframe=1
ながく癒球 お使いくださるお客様から きょうお便りが来ました
15年くらい前から 文面の日から 命のように 大切にお使いくださってること 知っていました

腰痛や 椎間板狭窄症が 改善したことには 理由があります

なんでもに効果があると 伝えたいわけではありません
癒球には  作る過程に 作り手が、ひと時も欠かすことなく愛情を 注いでることを 継続していること
形あるものには  それが持ち合わせた特殊な波動があります

人を愛し 癒すこと 熱を発し 使う方を 温め 緩め 和みの時を作ること 常に注ぎ込みます
薬草を調和して  使う人の 熱 水 気を 効率よく変換することだけ 考えています
変なことを 書いたかもしれません このような形で 人を癒すもの
この方式は 現代世界には 存在しません

使う人の潜在意識を 呼び起せたとき 抜群の威力を発揮します 

想いが人を 動かし癒すこと  温かく人を 包むと 最大限のパワーを 授けること
一緒に 楽しんでもらえること
作り手の 思いだけですが  癒球に 注いでいます
店主 内村