龍体文字とは?

 
龍体文字(りゅうたいもじ)とは、日本人が縄文時代に使用していたと伝わる神代文字のひとつです。
 
龍体文字は形はもちろんのこと、言霊(ことだま)のひとつひとつにパワーが宿っており、願い事や叶えたいことに対応する龍体文字に触れると「願望実現」が加速したり、体を健康な状態に整える効果が期待できます。
 
龍体文字は全48文字で構成されていますが、龍体文字【いやしだま】には、全ての龍体文字のパワーを1粒のいやしだまに注入しています。